<過去の雑感>  01 02 03 04 05 06  07 08 09 10 11 12 13 14 15 

16 17 18 19 20 21 
ホーム 

 イワツバメ

今日は朝から小雨。そして、夕方から小雪。積もりはしないだろうが、かなり寒い。先週はあんなに暖かかったのに。寒暖を繰り返しながら春になるのだろう。

この辺はまだだが、善光寺裏手の知り合いの家近くではもうウグイスが鳴いているとか。夜になると、フクホーホーというフクロウの声も聞けるらしい。そういえば、フクロウの声は何年も聞いていない。フクロウの鳴き声が怖いというひともいるが、おれは大好き。ヨタカの声もそうだ。立ち止まって、耳を傾けてしまう。
先週の21日には、飛んでいるイワツバメを見た。初見である。21日というのは、まあ例年並みかな。やはり春だね。


昨日は住宅の撮影。今日はプリントと納品。明日はアルバムの作製。そして明後日は久々に上京するつもり。仕事ではなく、遊びでだ。遊びといっても、いかがわしい遊びではない。念のために(汗)。さて、どこに行こう。
10.03.25


 和菓子の恩

昨日は、中3の娘の卒業式。長いセレモニーは大嫌いだが、娘の写真を撮るべく学校へ。式の終わりほうで、卒業生が「仰げば尊し」が歌った。こういう場で、「仰げば尊し」を聞くのは初めてのこと。今でも歌うんだね。この手の歌詞は、とてもむずかしい。「いと疾し」とか「やよ忘るな」とか「忘るる間ぞなき」なんて、耳で聞いたら意味不明だ。それゆえ、よけいありがたいのかも。

これは川柳。
        先生 和菓子の恩って なんですか

「和菓子の恩」には笑ってしまうが、まあ無理からぬこと。おれもそうだけど、意味不明で歌っている人がほとんどなのでは。でも文語調というのは、日本語の中でも最も格調が高く、そして美しい。


娘は高校に無事合格したし、宿題もないし、いい春を迎えている。それにしても、あんな程度の勉強でよく合格できたものだ。我が子ながら感心してしまう。入試直前はさすがに真剣に勉強していたが、それまではYouTubeを見ながらのお気楽勉強。1月の終わり頃、こんなことがあった。パン屋での話。娘、アルバイト募集の張り紙を見て、
娘「あのう。これ、まだ募集してますか?」
店「ごめんなさいね。うち、高校生はとらないの」
娘「あの、中3なんですけど」
店「‥‥」
横にいた女房があきれ果てたとのこと。入試まで2ヵ月という受験生の所行ではない。でもまあ合格したのだから、なんでもいいさ。
10.03.19


 ルール

我が家には、こういう暗黙のルールがある。自分の誕生日を祝ってほしかったら、事前に皆に知らせること。いわば自己申告制である。本人がなにも言わなければ、そのままスルーしてしまう。後でどうこう言っても、手遅れなのだ。
12月10日は女房の誕生日だが、昨年は自己申告がなかったので無事(汗)通過。当日はもちろんのこと、クリスマスあたりまで誕生日の「た」の字も出なかった(笑)。そういえば、昨年のおれの誕生日も同様だったが。

今日は中3の娘の誕生日。15才になった。大きくて、身長はおれ(172cm)と変わらない。娘は、自分の誕生日を何度も予告。そのかいあって、 兄からは嵐のCD、女房からは置き時計をプレゼントされた。さて、おれはどうしよう。なににしよう。ちょっとめんどうだな。

その娘、来週は高校の入試だ。最後の追い込みで、がんばっている。高2の息子は6日間にわたる11科目の後期試験も無事終わり、明日からは長い春休み。部活の毎日だろうが、今からウキウキしている。なんかいいね。

おれはプレゼントというものが、どうも苦手。あげるのはもちろんだが、もらうのもそうだ。慣れていないのだろう。記憶をたどれば、女房にプレゼントしたことなどあまりない。ひょっとしてひょっとしたら、1度もなかったりして(汗)。今度女房に聞いてみよう。「愛があれば、それでいいの」なんて言うわけないし‥。やはり、藪蛇になるからやめておこう(汗)。

思い出すと、
女房「これ、わたしの誕生日に買ったから」
おれ「うん」
そういう会話が多かったような‥。おれからのプレゼントなど、とっくの昔にあきらめているのだろう。今さら言うのもなんだが、これってまずいのかな(汗)。
10.03.04


 西部劇


「3時10分、決断のとき」のDVDを見た。原題は「3:10 TO YUMA」。3時10分発 ユマ行きという意味だ。主演は、クリスチャン・ベイルとラッセル・クロウ。「(息子に)誇れるものがなにもない」と話すダン。息子を持つおれとしてしは、胸が熱くなった。チャーリー役も息子のウィリアム役もいいね。リメイク版は当たり外れがあるが、これは大当たり。

バーボンを飲みながら、ひとり静かに見よう。
うだつの上がらない(汗)、負け犬かも(汗)というお父さんにおすすめ。息子がいたら、なおさらおすすめ。ダンの気持がひしひしと伝わると思う(涙)。いい作品です。でも、女性向きではないかな。
10.03.02


 タヌキ

暖かい日が続いている。この陽気に浮かれ出たのだろうか。土手の道路でタヌキがひかれていた。車がビュンビュン行き交うようなところじゃないのにね。タヌキって、バカだなあ。時間がなくて埋めてやれなかったが、ちょっと離れた場所に寝かせてやった。
タヌキの死因のトップは、交通事故だと思う。死んだタヌキは、生まれた時代が悪かった。不運だね。


明日は給食センターの竣工写真の撮影。こういう公共工事の竣工写真はめっきり少なくなった。昨年なんかは、学校の耐震補強工事とか老人福祉センターといった撮影だけ。時代を感じてしまう。
公共工事の竣工写真というのは、内部の部屋はほとんど撮る。主な部屋は2カット、場合によっては3カット4カットと撮る。外観は最低でも4カット。多いときは10カット以上撮る。プリントサイズはキャビネが多いが、八ッ切とか六ッ切とう場合もある。
撮影する給食センターの図面の特記事項の「竣工写真」によると、外観5カット、内部10カットとあった。こういう少ない指定は初めてのこと。大きな部屋だけでも六つあり、ほかに会議室、事務室、玄関ホール、2Fホール、食品庫など、全部で20室近くもある。どうするんだろう。ちょっと困ってしまう。竣工写真の責任は、諸事指示する設計事務所ではなく、やはり撮影者にあるからだ。


さてと、寝ようかな。なんか疲れた。することはいろいろあるんだけどさ。
10.02.25


 見学


昨晩は撮影の見学。美容院のポスターに使う写真である。さすが村松さん、6人のモデルをスムーズに撮影。皆がパソコンの画面をのぞき込み、わいわいがやがや。終始和やかだった。
おれは、モデル撮影の技術も経験もゼロ。なんか、むずかしそう。村松さんのポーズの付け方に感心してしまった。

夜の10時に帰宅し、夕食と入浴。12時頃電話があって、長野駅近くへ。飲み会に行った女房の迎えのためだ。車に乗り込んだ女房の最初の一言は、吐きそう。飲み放題だと、つい飲み過ぎるようだ。おれ同様、貧乏性なのだろう。
10.02.19


 おひな様



今朝も雪だった。まあ、よく降るね。量はさほどでもないが、今年は降雪の回数がやたら多い。早く春になってもらいたい。
写真は、我が家のおひな様。娘の怜が生まれたとき、知り合いの画廊で買い求めたものだ。男びなの高さは13cmほど。値段は4000円か5000円だったかな。よく覚えていない。にこやかで、なかなかいいでしょ。デパートに飾ってあるどのおひな様にも負けないと思う。

高校受験を間近に控えた娘は、相変わらず嵐嵐の毎日。洋服店のチラシを見たり、ファンレターを書いたり、DVDを見たりと、あまり勉強していない。まあ小さい頃からそうなんで、おれも女房もなにも言わないが‥。受けるのは一校のみ。落ちたらどうするんだろうか。

勉強に関しては、高2の息子のほうがはるかに一生懸命だ。息子は、自分が凡庸であることをよく自覚している。だからだと思う。ひとりでコツコツ勉強する。食事中はもちろんのこと、トイレや風呂に入るときも、いつも勉強する。娘とは大違いだ。もちろん親とも、さらに大違い。
息子は、勉強が楽しいらしい。いつだったか、微積分で球の体積を求める問題にずいぶん感動していた。見ていても、ほんとうに楽しそうだった。

さて、春は新製品発表の時期。ニコンでは、16-35mmF4がこの下旬に発売される。手ぶれ補正(VR)、ナノクリスタルコートでなんとなく良さそう。でも16mmでのディストーションはかなりのもの。まあ素直な樽型なんで、そこそこ補正できそう。でも、撮影した全カットをいちいち補正するのは面倒なんだよね。キャノンのTS-E17mm F4のようなレンズがほしいんだけどなあ。ニコンさん、よろしくお願いします。
ずっと昔から思うんだけど、どうしてレンズマウントをJISで統一しないのだろうか。技術的には、むずかしいと思わないのだが‥。やはり、いろいろあるんだろうな。というより、ずっと昔に手遅れなのかな。
10.02.16


 大雪だった

昨日のこと。まだ暗い朝の5時半、女房にたたき起こされた。
女房「これから温泉に行くから、車の運転をよろしく!」

女房と娘は早朝温泉にはまっている。土日に限らず、登校前の娘と行くことも。大雪だったので、おれの出番になったのだ。まあ愛する女房の命令だからね。多少抵抗したが、心良く(涙)引き受けた。大雪なんだから、行くのを止めればいいのにね。女というのは、どうしてこんなに元気がいいんだろう。ほんと、あきれてしまう。
行き先は、県庁近くの裾花峡温泉うるおい館(車で10分ほど)。もちろん、おれも入浴(450円)。うるおい館は市街西端を流れる裾花川の左岸にある。露天風呂が特にいい。対岸の山が屏風のように眼前に広がる。日の出前の雪の中、ゆっくり湯につかった。大雪のせいか、客はまばら。広い浴室がよけい広く見えた。

大室温泉まきばの湯(車で10分)にもよく行く。開放的でとても気持がいい。入り口で野菜などを売っていて、それも人気。冬はダイコンが安い。無料のときもあるが、たいていは1本10円から30円くらい。最近よく買うのが、綿内(長野市内)産のレンコン。とても品質がいい。

さて、ここで相撲の話。朝青龍が引退とか。今回の暴行騒ぎの責任を取った形だが、とても残念。もちろん暴行の償いはすべきだが、解雇だの引退は行き過ぎでは。非常にありがたいことに(汗)、日本では酒の上での失敗には昔から寛容だった。かなり酔っていたのだから、少しくらい大目に見てやればいいのに。もちろん日頃の態度や過去の問題なんかも引きずっているのだろうが。
「品格」という言葉がよく出るが、笑ってしまう。おれには品格のかけらもないし、また持とうとも思わない。だから、「なんだ、それ?」という感じ。極端なことを言えば、個人的にだが、品格のある横綱なんてあまり魅力を感じないかも。
おれは聖人君子を尊敬はするが、一緒に飲みたいとは思わない。芥川龍之介は「侏儒の言葉」(高校時代の愛読書)の中でこんなことを言っている。
好人物というのは、なによりも先に天上の神に似ている。第一に歓喜を語るのにいい。第二に不平を訴えるのにいい。第三に、いてもいなくてもいい。(うろ覚えなんで、ちょっと違うかも)


今朝のいちばんの仕事は雪かき。およそ25cmの積雪。家の前の道路をおよそ15分かけてきれいにした。おれの家の敷地は西側道路。南北の道路というのは、お日様が出ればたいがい消えちゃうんだけどね。

今日はずっと写真のプリント(六ッ切大)。モニターの写真を見ながら、今になっていろいろ反省。この洗面室の写真だが、撮影ではかなり苦労した。各照明の色と明るさがバラバラだったからだ。露光中に床の照明を早く消したり、合成を前提にダウンライトを消して撮ったり、とにかく悪戦苦闘した。それにしても、窓の外の景色が最悪だね。大きな観葉植物を外に置く手もあるが、何十カットの中の1カット、それはまあ無理な話。普通の竣工写真なんで、外の景色はそのままでプリントした。
10.02.07


 キサラギ

オダ・ユージ「どこがジョニー・デップなんだ!」
スネーク「わからない」
いちご娘「そもそもこの角度でジョニー・デップを見たことがない」


立春で思い出した。今日2月4日は、如月ミキの命日だった。

5人が同じテーブルに揃わなければ、到達し得なかった結論(真相)。いろいろな出来事を拾い集め重ね合わせ、結論に向かって少しずつ収れんして行く。その道筋の中で、5人の素性がひとりずつ明らかになる。楽しい作品だ。香川はもちろんだけど、小栗もなかなかいいね。

人ひとり死んでいるのだから大事件と言えないこともないが、話のスケールはかなり小さい。小さいんだけど、関わった人間には大事件。推理が二転三転どころか四転五転し、思わぬ展開に‥。

ミキちゃんのことなら知らないことはないと自負していた家元。実は自分がミキちゃんからいちばん遠いところにいたことを知り、打ちひしがれ打ちのめされ、愕然となる様子がおもしろかった。
こういう作品、いいね。
10.02.04


 新しいテレビ

遅ればせながら、14インチのブラウン管テレビ(14年間使用)から32インチの液晶に買い替えた。機種の選定は、すべて息子任せ。選んだのはレグザのR9000。外付けのハードディスクが使えるらしい。代引き手数料込みで71380円也。かなりの出費で頭が痛いが、子供たちは大喜び。

でも、しかしだ。我が家には外部アンテナがない。当然のことながら、地デジは見ることができない(涙)。が、もともとテレビはほとんど見ない家なので、クレームはない。アンテナはそのうち考えよう。場合によっては、フレッツ・光(長野は未供用だが)という手もあるし‥。
で、見るのはDVDのみ。各自好きなものを棚から出しては見ている。この土日の場合、娘は「千と千尋の神隠し」と嵐のライブのDVD。息子は「マトリックス」のシリーズ。女房は「THIS IS IT」と「レオン完全版」など。

マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」は子供たちもお気に入りで、ボリュームを上げて繰り返し見ている。リュック・ベッソンの「レオン完全版」は女性にはイマイチ人気がないが、女房とおれは大好き。テーマ曲のスティングのShape Of My Heartも好き。静かに飲むときなど、ときどき耳を傾ける。澄んだギターの音色が、おれのピュアな心にしみるんだよね(涙)。

今日のこと。「DVDが出たら買ってね」と、女房がささやいた。なんのDVDだと思ったら、今上映中の「今度は愛妻家」である。おれを映画に誘うのをあきらめて、次の手で来たのだ。DVDを教科書代わりにして、ダメ亭主を教育しようという作戦である。たとえるなら、まあ五筒切りリーチで間二筒で待つようなものか。バレバレの見え透いた手だ。真ん中の四筒を切っても、ドラ三のテンパイを崩しても、二筒は切らないぞ。

さて、おれもなにか新しい手を考えよう(汗)。まずは、逆バージョンの映画でも探してみようかな(笑)。

Craig David&Sting - Rise & Fallもしびれる。
10.01.31


 最初の車



古いネガをスキャンしていたら、懐かしい写真があった。79年6月に旧美麻村で撮影したもの。中村家の土蔵と美麻郵便局である。こういう羽目板張りの郵便局は、今ではすっかり姿を消してしまった。
カメラはマミヤのM645。セミ判(6×4.5)である。購入するにあたって、ブロニカETRにするかずいぶん迷ったことを覚えている。でも6×4.5は性に合わず、すぐ6×6に買い替えてしまった。

さて、ここで問題。この2台の乗用車の車種はなんでしょうか?とは言っても、おれは手前しかわからないが。なんせおれが最初に買った車なのだから、知ってて当然(汗)。排気量は1200cc。後ろから見たスタイルが独特で、好みが分かれるところだ。ああ、懐かしい。車というのは、撮られた年代を特定する指標になるね。

自分の車が写っているものは非常に少ないんで、個人的に大切な1枚。でもこの写真、なにを撮ろうとしたんだろうか!?
10.01.13


 女房のこと

今日は、女房と一緒にユニクロへ。お店のきれいなおねえさんに気を取られながら、ズボンを2本購入した。
で、そんときの話。
女房、着ているコートをつまみ、
女房「これ、私が娘のときに買ったのよねえ‥」
おれ「似合うねえ」
女房「‥‥」
なんとなくというより、かなり気まずかった(汗)。

女房は先月50歳になった。白髪が目立つようになり、どこからどう見ても疲れたおばさん。化粧は一切せず、着る物にも気をかけないので、貧乏所帯の古女房を絵に描いたようだ。
ピンポンとチャイムが鳴ると、ときどきこう言われる。林さん、出て!ひどい格好の女房は、人前に出られないのだ。でも、なにも言えないんだな。なんか言うと、「こういうのをね。世間では、生活苦と言うのよ」とか逆襲されるからだ(汗)。おれに甲斐性がないだけに、この台詞は胸に深く突き刺さるんだよね(笑)。

申し分のない女房だが、最大の欠点は掃除が大好きなこと。ひとりで勝手にやればいいのだが、おれが家にいるときは必ず手伝わされる。掃除が大嫌いなおれにしてみれば、これはかなり苦痛。その度に言い訳をし、強く抵抗するのだが、いつもいつも徒労に終わる。おれの雑巾がけのエリアは、おれの仕事部屋から廊下、トイレ、洗面室、居間台所のすべて。ときどき見回りに来るし、雑巾の汚れ具合もチェックされる。だから、さぼる手立てはない(涙)。

女房「きれいになると、気持がいいでしょ」
おれ「ぜんぜん」
「清掃会社で働けば」と何回か言ったが、その都度怒られた。


おれの掃除嫌いは昔からで、とくに学校での掃除は嫌で嫌でしょうがなかった。
中学校での話。生徒会長の候補は村松君で決まり。整備委員長の候補には、適任の林がいい。そうクラスで決まってしまった。友人たちに完全にはめられたのだ。親友の小森にも裏切られ(笑)、かなりショックだった(涙)。選挙の結果、こともあろうにおれが整備委員長に(泣)。「てめえら、覚えとけよ」と怒鳴ったが、友人たちは大笑い。整備委員の顧問は、数学の山本先生(フランケンシュタインというあだ名)。よりによってだ。
数学の授業中にいちばん怒られたのが、このおれだ。とにかくよく怒られた。黒板から振り返り、「騒がしい。林、お前か!」という感じ。「林、お前か!」とか「また林か!」というのが、山本先生の口癖になっていた。整備委員長の仕事は最低最悪だったが、まあ楽しい中学時代だった。


さて、女房の作戦はこうだ。掃除、洗濯、炊事といった家の中の仕事をおれや子供たちに振り分け、それを定着させる。それができれば、ひとりでもちゃんと生活していける。
おれが不平を言うと、
女房「私が死んだら、どうするの?だれがやってくれるの?」
おれ「そんなもん、新しい女に決まってるじゃん」
女房「ほんとにバカなんだから(涙)」

女房は女房なりに、いろいろ心配してるんだと思う。それくらい、わかってるさ。
おれにはもったいない、とてもいい女房です。
10.01.09

<過去の雑感>  01 02 03 04 05 06  07 08 09 10 11 12 13 14 15 
16 17 18 19 20 21 

林写真事務所 プロフィール リンク ブログ  ホーム