ホーム

 撮影実例2. 故郷に建てた平家

初級〜中級 住宅写真の撮り方 



みすゞ設計(飯田市)の設計監理。
リタイヤしたKさんが、故郷に建てた終の住処。広い敷地に小さな平家。草花を愛し、裏の広い畑で野菜を育てていた。カメラはD700、レンズはシグマ12〜24mmとニコン18〜35mm。


このK邸では74カットを納品したが、その内の42カットは外観。


玄関の内と外。


リビング。ポイントは、外と内との融合。雑誌用なので、やはり人入りのカットだね。室内に差し込む光か心地よい。やはりこういう晴れた日に撮りたいね。


なんとなくカメラを横に構えてしまうが、なにも考えずに縦も撮ろう。これは、建築写真の常識。


斜でも正面でもそうだが、シャッターを押したら、振り返って逆も撮ろう。見返しというやつ。


撮影順番としたら、室内の撮り終えてから外に出る。