ホーム

 人入り2

初級〜中級 住宅写真の撮り方 



○家族全員は、人数が増えるほどむずかしい。記念写真ではないので、だれかが顔が隠れてしまう。でもまあ、そういうもの。気にしないで、2パターン以上でたくさん撮ろう。カメラ目線のカットも忘れずに。
○特に小さい子はすぐ眠くなったり、突然不機嫌になったりするもの。早めに最優先で撮るといい。喜んで画面に入ってくれるのは、小学生まで。中学生や高校生は、なかなかむずかしい。
○イスに座った人物でも、やはり動いてしまう。感度を上げて、はなるべく速いシャッタースピードで撮る。人物に動きのある場合は、多少ブラしたほうがいい。
○人入りの写真を撮るにしても、人無しのカットも忘れずに撮ること。




台所の写真では、見下ろす感じで撮ることが少なくない。三脚は使わずに、だいたいが手持ち。高感度に強いデジタルだからこそできるんだね。




雑誌なんかの取材では、お子さんが家にいる土曜とか日曜日の撮影が多い。






人ではなく、犬や猫にもときどき入ってもらう。でも、猫はむずかしいぞ。