ホーム

 ディテール

初級〜中級 住宅写真の撮り方 



写真は、結局は切り取る作業。それは、どのレンズを使うにしても言えること。「あれを入れて、これを入れて」と欲張らず、どんどん切り捨てる。なかなかむずかしいが、これをやらないと、いつまでたっても上達しない。
さらに部分的に切り取るといい。いわば、いいとこ取り(撮り)。「ディテール」というやつだ。標準や望遠レンズに付け換えて、ファインダーを覗いて見よう。今まで見えなかったものが、ひょっとしたら見えるかもしれない。







住宅写真の場合、たいていが組写真。外観、玄関、居間、食堂、寝室などが並ぶが、そのほとんどは超広角レンズで広く撮ったもの。縦、横、斜、正面と撮っても、やはり変化に乏しい。人物を入れるのも一案。夜景もいい。見上げまたは俯瞰のカットもいい。それから、ディテールもいい。とにかく変化をつけること。そうすれば、リズミカルなレイアウトができる。

用途からいうと、ディテール写真は「イメージ写真」。ホームページや印刷物では、不可欠なカット。外観や各部屋を撮り終わったら、このディテール写真に挑戦しよう。